レインボー

投稿者:abe 投稿日:  カテゴリー 忙中閑話

会社から虹が見えました。

P1050177.JPG

何人か、虹の袂を目指して走って行きましたが、果たして辿り着けたかどうか!?

まだ帰ってきません・・・

たまご料理レシピ

投稿者:abe 投稿日:  カテゴリー GFSのお知らせ

当社ホームページ内に「たまごのレシピ」コーナーを新設しました!!

数多くのレシピが簡潔に掲載されてますので、是非とも料理の腕を奮ってみて下さい!

 

画面左の「NEW」マークが点滅しているバナーをクリックだー!

収穫2011

投稿者:abe 投稿日:  カテゴリー 農業日誌

今年の冬も野菜の収穫が始まりました!

P1050173.JPG

 

聖護院だいこん

P1050174.JPG

まだ小さいですが、今後が楽しみの子たちです。

 

白菜

P1050176.JPG

毎年、立派に仕上がってくれます!

 

その他ネギや春菊など、これからの時期にお鍋で活躍する面々も続々と収穫されています!!

ぽじポジたまご放映ご好評につき

投稿者:haru 投稿日:  カテゴリー GFSのお知らせ

あれから沢山のご注文を頂き本当にありがとうございました。

P1040467.JPG11月14日放映記念日でしたとブログにアップしました。

P1040477.JPG一部の方から10時30分を見逃したので3時30分を楽しみにしていたら、これ又駄目でしたとおっしやる方に朗報です!YOUTUBEにアップロードして頂きましたよ!!

絶品たまごかけごはんここをクリックして下さい。   

P1040492.JPGご覧頂けましたか?満足して頂けたでしょうか?!未だ満足いかない方は是非セットをお買い求め下さいませ、満足度100%ですよ!

360度パノラマ!石金山縦走トレッキング。

投稿者:haru 投稿日:  カテゴリー 従業員ブログ

駅から始まる丹波路ハイキング今年最後の企画に行ってきました。

P1040684.JPG谷川駅前にて受付400円を支払い参加します。

P1040693.JPG大型バスで山南町仁王道の駅へ送って頂く。

P1040695.JPG対岸には円応教本山にパルプ工場の煙が見える、今から背に迫る至山を目指す。

P1040702.JPGその前に主催者側からの挨拶や注意事項等が告げられる。

P1040705.JPGそしてクッキーと黒豆パンのサービスがあり参加費400円はこれでチャラ!太っ腹!

P1040712.JPGさて登山開始!約20分で至山山頂275.5mです。

P1040718.JPGここから先の道はあって無いようなもの!

P1040721.JPG登山道と言うものでなく獣道より分かりづらい!依頼すれば観光協会から2000円で案内人が付くらしい、納得!!

P1040739.JPG登山開始から1時間半、田高坂峠に着く案内人の方から説明があるこの峠は無風状態であっても必ず風が吹いているらしい、丹波と播州を分ける峠らしく気象の違い温度差から発生しているのだろ!確かにそよ風は頬に気持ち良い。

P1040742.JPGさてここを一挙に登り三つ目のピークで昼食です。

P1040747.JPG鉄塔の元で皆さんランチタイム!

P1040756.JPG少し休んでいざ山頂へ鎖場をクリアーして天狗岩付近より縦走路を振り返る。

P1040759.JPG今まで歩いて来た尾根が眼下に広がる、あと30分で石金山山頂です。

P1040766.JPG到着360度の展望です。

P1040768.JPG南の遠望です光る海原と明石海峡大橋の橋脚が!(ズーム撮影)

P1040791.JPG輝く播磨灘も望め航行する船の窓がたまに光り素晴らしいい光景です。(これもズーム撮影)

P1040789.JPG北西方向は5月に登った千ヶ峰(中央左)にマタニ山(中央右)が望める。 (ズーム撮影)

P1080258.JPG山頂で順番待ち記念撮影です、いつ見ても男前ですね!(誰も言ってくれないので独り言ですが)

P1040804.JPG約40分で下山です小新屋観音さん(こにやかんのん)に降り立つ、下山時足が笑い木の根っこに滑り幾度となく尻餅をつく始末であっちこっちと打ち身だらけでした。

P1040822.JPG又バスで送って貰い山南町薬草薬樹公園は丹波の湯に向かう、11月26日いいふろの日で何かサービスを期待したが駄目でした。

P1040826.JPGこの後谷川駅まで送迎して頂き各自帰路につきました。 今回の企画はかなり人気があった様で50名の参加でしたが早くに締め切れており全て受け入れ出来ておれば100名からの大所帯になっていたそうです。丹波県民局丹波市観光協会さんありがとうございました又来年も素晴らしい企画を楽しみにしております。

« 前ページ