2014年 午年 厳かに始まりました。

投稿者:haru 投稿日:  カテゴリー 従業員ブログ

昨年は本当に様々な事が当地方に襲い掛かって参りました真っ先に思い浮かぶのは何と言っても8月15日の花火大会での屋台爆発炎上事故で多くの死傷者が出た事、又一ヶ月後の9月15日過去最大水位を記録した台風18号による浸水被害で特にこのふたつは当地方の大きな行事や祭事の自粛中止等を余儀なくされ振興発展を後退させました。そんな中ではありますが特に身近に感じたのは弊社従業員さんの親族親子で爆発事故に遭遇されて子供さんは50%近い火傷を負われて兵庫の病院に搬送されたそうですが今は意識も戻り退院されるまで元気になられたと言う明るい話も暮れには聞かれました。もう一方ですがこれも1,000軒を超える家屋の浸水被害に遇われましたが今回は誰一人亡くなられた方もおられない状況で9年前の浸水被害の苦い経験が大いに生かされました、又5,600人にも及ぶボランティアの協力応援も頂き冬迄には概ね復興を遂げ観る限りでは過去の綺麗な福知山地方に戻りつつあります。 そんな重たい一年の上に今年があるのだと言う事を決して忘れてはいけないと思います、厳かな一年の始まりに今年こそ素晴らしい一年となります様に心から祈念申し上げます。