• 卵の生産工程
  • ①飼料の仕入れ
  • ②鶏の飼育
  • ③産卵と集卵
  • ④洗卵工程
  • ⑤選別工程
  • ⑥パッキング
  • ⑦配達と販売

1日1個の恵み

 健康に育った鶏は、およそ1日1個のたまごを産みます。その恵みを私たちが頂くことになります。グリーンファームソーゴでは約20万羽の鶏を飼育していますので、つまり1日に約20万個の卵を集卵することになります。その卵は清潔な形で出荷できるように、次の洗卵の工程でひとつひとつ洗浄されます。

年中無休、毎朝毎夕チェック

 鶏舎内のえさの給仕、水の管理、そして集卵に至るまですべて全自動で行われます。ただし、鶏は生き物。コンピュータで管理されているからといって放置するわけにはいきません。人間の目で、毎朝、毎夕チェックを繰り返し、鶏の様子を観察したり、機械の故障によって餌が行き届かない等のトラブルを避けるよう配慮しています。これらの観察は、もちろん年中無休。常に交代で管理を続けています。

コンベアに乗って卵が集まる

 鶏たちが産んでくれた卵は、やわらかいレールの上に転がります。そのレールはコンベアとなっており、定期的に動作して卵を一か所に集めます。集まった卵は割れないようにゆっくりと洗卵の工場内へ。こうして集まった大切な卵が無駄にならないよう、私たちスタッフが鶏の観察と、機械のチェックを行うのです。

Flow④ 洗卵工程