グリーンファームソーゴ 会社概要

会社名 有限会社グリーンファームソーゴ
本社所在地 京都府福知山市大江町三河860
TEL 0773-56-1910
FAX 0773-56-0593
E-mail お問い合わせフォームからご連絡ください。
創業 平成4年5月
資本金 6000万円
年商 9億2,000万円(平成30年3月期)
従業員 40名
取締役社長 阿部勝之
業務内容 鶏卵の生産・販売

農場HACCP認証農場

認証日 平成30年3月9日
認証番号 第140号
審査機関 公益社団法人 中央畜産会
  • 京都府内の全畜種農場(鶏・豚・牛)で初の取得
  • 近畿地区の採卵鶏農場でも初の認証農場となります。
  • 全国の採卵鶏農場で 38農場目

これまでの取り組み

平成26年 農場HACCPの取り組みをスタート
平成27年6月 「農場HACCP推進農場」指定
平成30年1月 「農場HACCP認定農場」指定

衛生管理方針

★私たちは、お客様に安全な鶏卵を定時・定量お届けし、
 安心して食していただくことで社会に貢献いたします。

★私たちは、鶏が健康に育つよう衛生管理目標を定め、
 農場HACCP手法に基づいた衛生管理システムを
 構築し、維持し、改善し、必要に応じて更新します。

★私たちは、お客様のニーズに応え、
 また、衛生管理方針及び全ての法令、条例、規制を遵守します。

★私たちは、HACCPチームを結成し、
 役割と責任を明確にし、業務を遂行します。

★私たちは、従業員全員が、鶏卵の安全を確保するため、
 食品安全に関する知識の向上に努めます。
 そのため、食品安全の確保のための研修会や
 外部・内部コミュニケーション活動を行います。

2017/11/2

JGAP認証農場

JGAP認証農場

弊社農場は2019年3月14日に採卵鶏では近畿初となる「JGAP認証」を取得致しました。
2018年3月に「農場HACCP認証」を取得し、より安心・安全で美味しい卵の生産に努めてまいりました。さらに従業員・地域・にわとりに優しい持続可能性に配慮した農場運営を目指し、2018年夏より「JGAP認証」の取得に向けての取組を始め、2月18日の本審査を経て、3月14日に認証取得となりました。
「JGAP認証」は、2020年東京オリンピック・パラリンピック食材調達基準を満たす認証としても挙げられています。
2019年3月14日現在、全国の71経営体(乳用牛3、肉用牛17、養豚29、採卵鶏22)が認証されており、当農場は採卵鶏では近畿初の認証となりました。
今後も、より安心・安全で美味しい「京都産」たまごを安定してお届け出来るように、農場運営に努めてまいります。


関連情報:
公益社団法人 中央畜産会 http://jlia.lin.gr.jp/
一般財団法人日本GAP協会 http://jgap.jp/

環境保全対策農場

当農場では有用微生物(枯草菌・乳酸菌・酵母)を用いた家畜と環境に安全な特殊発酵飼料「スーパーバイオリックス」を使用し、健康な家畜の育成及び悪臭抑制・環境保全対策を実施しています。

製造発売元 フィード・ワン株式会社

交通アクセス