たまごの基本編


新鮮だから、生でいただく

日本には、新鮮なたまごを、そのままいただくという食文化があります。
「生たまごを温かいごはんにかけていただく」のは、シンプルなおいしさで、しかも栄養たっぷり。
この”たまごかけごはん”は、のり、おひたし、みそ汁などあっさりとしたおかずの並ぶ朝食とともに、いつまでも大切にしたいものです。


健康の源アミノ酸パワーいっぱいの”たまごかけごはん”

新鮮なたまごを、あたたかいごはんにかけて食べる”たまごかけごはん”。
カンタンでおいしく、誰にも親しまれてきた日本独特のファーストフードといえます。
あらゆる栄養素の宝庫といわれるたまご。なかでも、注目に値するのはたんぱく質であり、9種類の必須アミノ酸をバランスよく、しかも豊富に含んでいます。たまごのたんぱく質が食品の中でも最も良質といわれるのは、そのためです。
そのたまごと、私たちの主食であるごはんを組み合わせることによって、アミノ酸バランスはさらにアップします。


しらすたまごかけごはん

材料(1人分)

たまご1個、ごはん 茶わん1杯分 、しらす干し大さじ1 、白ごま小さじ1、おかか ・きざみのり各適宜

つくり方

  • ごはん茶わんに熱々のごはんをよそう。
  • しらす干し、白ごま、おかか、のりをのせて、生たまごを割り入れて、混ぜていただく。お好みでしょうゆを少々たらしてもよい。


ゆでたまご

材料(1人分)

たまご1個

つくり方

  • 水を入れて火にかける
    たまごは室温に戻す(冷蔵庫から出して、すぐに使うと割れやすい)。かぶるくらいの水と一緒に鍋に入れ、中火にかける。
  • 卵黄を真ん中にするには
    菜ばしでたまごを静かに転がしながらゆでる(こうすると、卵黄が真ん中になる)。煮立ってから6分で半熟たまごに、8分でかたゆでが完成する。


とろ〜り味玉

材料(つくりやすい分量で)

ゆでたまご6個、A(しょうゆ・みりん・酒各1/2カップ、砂糖大さじ2)

つくり方

  • たまごは好みの固さにゆでて、殻をむいておく。
  • Aを煮立てて冷まし、ゆでたまごを漬けて一晩おく。


たまご焼き

材料(2人分)

たまご4個、だし汁1/4カップ、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、塩少々、サラダ油適宜、大根おろし適宜

つくり方

  • たまごは割りほぐし、だし汁、みりん、しょうゆ、塩を加えて混ぜ合わせる。
  • たまご焼き器を熱し、サラダ油を入れ、キッチンペーパーで全体になじませる。
    菜ばしなどで卵液を一滴落とし、すぐ固まるくらいの温度ならOK!
  • 卵液を少量流し入れ、全体にうすく行きわたらせ、半熟になったら手前から巻いていく。
  • たまごは割りほぐし、だし汁、みりん、しょうゆ、塩を加えて混ぜ合わせる。


プレーンオムレツ

材料(2人分)

たまご4個、牛乳大さじ3、塩・こしょう各少々、バター大さじ2、アスパラガス適量

つくり方

  • ボウルにたまごを割り、牛乳、塩、こしょうを加えて混ぜる。
  • フライパンにバターの半量を入れ、中火で半分くらい溶かす。強火にして卵液の半量を流し入れる。菜ばしなどで、休まず30秒ほど勢いよく混ぜ、半熟になったら中火にする。
  • たまごをフライパンの片側に寄せる。フライパンの柄を持ち上げると、寄せやすい。
    木の葉形になるようにととのえる。フライ返しなどで裏返し、好みの固さに焼いて火を止める。残りの卵液も同様にして焼く。ゆでたアスパラガスを添える。


スクランブルエッグ

材料(2人分)

たまご2個、塩・こしょう各少々、牛乳大さじ3、バター大さじ2

つくり方

  • ボウルにたまごを割り、白身を切るように混ぜ、塩、こしょう、牛乳を加えてさらに混ぜる。
  • フライパンを熱し、バターを入れ、中火でバターがほとんど溶けたら、たまごを流し入れる。たまごを大きくかき混ぜ、
    半熟になる一歩手前で火から下ろす。余熱で固まりすぎないように注意を。


目玉焼き

材料(2人分)

たまご2個、塩・こしょう各少々、サラダ油適宜
つけ合わせ(ウインナソーセージ適量、さやいんげん適量)

つくり方

  • フライパンにサラダ油を入れ、キッチンペーパーで全体になじませ、フライパンを熱する。小さめのボウルにたまごを割っておき、フライパンにたまごを1個ずつ流し入れる。
  • 中火で焼く。好みの固さになったら塩、こしょうをふる。つけ合わせに、焼いたソーセージとゆでたさやいんげんを添える。


温泉たまごをカンタンにつくるウラ技

材料(2人分)

たまご2個、A(だし汁1/2カップ、酒小さじ1、塩少々、薄口しょうゆ小さじ1/2)

つくり方

  • 発泡スチロールの器(カップラーメンなどの容器を利用するとよい)に、室温にもどしたカラのままのたまごを入れ、80~90度の湯をたっぷりとそそぎ、皿などでふたをする。時々器ごとゆりうごかして、20分ほど置く。
  • 器の湯を捨て、冷水を入れてたまごの熱を冷ます。
  • Aを温めて器に入れ、②のたまごを割り入れる。


お手軽温泉たまご

材料(2人分)

たまご2個、めんつゆ(2倍濃縮)大さじ1/2、水大さじ2

つくり方

  • 湯のみや耐熱カップにたまごを割り入れ、かぶるくらい水を加え、黄身に楊枝や竹串などで穴をあける。ラップをしないで、たまご1個に付き電子レンジ(500ワット)で50秒~1分加熱し、余分な湯をすてる。
  • めんつゆを水で薄め、2個のたまごにかける。
    ※黄身が破裂しやすいので、白身が9割ほど白くなったら、加熱をやめること。途中、様子を見ながら加熱してください。電子レンジ600ワットの場合は40~50秒が目安です。

©2011全国鶏卵消費促進協議会